natsukoの徒然日記


2008年夏、男の子のママになりました。
by maruhaban74
プロフィールを見る
画像一覧

両親面談

5月29日 土曜日

保育園の両親面談でした。
保育園、土曜日は合同保育(年齢別ではなく1つの教室で見ます)。
息子、そのお友達キョウダイ(別保育園に通うお兄ちゃんがいます)も
保育園での預かりでした。
もちろん、保育園側の配慮で別保育。
息子は普段の教室で、担任の先生が見てくださいました。
普段と同じように、パパに見送ってもらい、連絡カードも持って登園です。

事務室内であちらのご両親と面談。
お互いに保育園との話し合いは済ませているし、
園長先生が口を挟んできたりは面倒なので、先生方には席を外して頂きました。

結論からいうと、不安な気持ちが拭えたわけではないけれど、
あちらのご両親もいろいろと対策を練ったり、行動を起こしているのは
垣間みることができました。
しかし、やはり「躾」だな、と思ったのも事実です。

しかし、両家共に男親がダメでした。うちもです(笑)。
どちらのパパも最初のほうは声が震えたり、手が震えたり、
相当緊張してたようですが(まあどちらも両家代表ですからね)
私はあちらのパパの発言にムッともしたし、ガッカリもしたし、
それはうちもあったかと思います。
(隣で「あーあ、そんなこと言っちゃって・・・と思ったりも笑)
今後も消えることはないであろうひっかき傷のことを話したら、
「ひっかき傷は残りやすいんですよね」と言ったあちらのパパさん。
んー、この発言どうなのよ?って思っちゃいました。
こんな感じの発言が多かったなあ。

途中からはママ同士の発言にもなってました。
両家共にこの問題に関しての主導権(?)はママが握ってました。
両家パパに話させるとややこしくなっちゃう感じでしたし。

もちろん、全くけんか腰ではなく、終始穏やかに話し合いでした。
あちらのご家庭の対策を聞き、こちらの不安をお話しし、解決の糸口こそ
見つけられませんでしたけど、保育園を通して伝わらなかったことが
お互いに伝わったのは良かったかと思います。

最後は改めて謝罪があり(あちらのママから)
お詫びのしるしにとお菓子を頂戴しました。
お気持ちだけでと辞退したのですが、どうしてもというので。
(お気持ちはよくわかるのですが、こういうのって困りますよね)

「一緒に卒園したいと思ってますから」その一言はお伝えしました。
あちらのママさんは少し安堵された表情で深く頷いてらっしゃいました。
別保育での安全対策に期待し、その子の成長を見守ることにします。

最後の最後、私が息子をお部屋に迎えに行ってる間に
夫から園長先生に一言。
先日の園長先生の言動への注意喚起をしてもらいました。
やっとこれでリセットです。
息子(クラスのみんな)が安全に、楽しく、保育園に通えますように☆


息子とそのお友達は活発ゆえに興味の対象が重なってしまうよう。
そのお友達は女の子ですが、お兄ちゃんがいるので、男の子遊びが好き。
離れていても引き寄せ合ってしまうんだとか(笑)。
(だから、やけにうちは被害が多い模様・・・)
そのお友達、息子を見つけると「○○くん!○○くん!」と嬉しそうな表情。
最近別々だから?(笑)もしかして(笑)?なんだか複雑(笑)。
当の息子は全く表情変えずでした・・・(笑)。
[PR]
by maruhaban74 | 2010-05-31 22:56 | 1歳10ヶ月
カテゴリ
全体
ご挨拶
つれづれ
1歳0ヶ月
1歳1ヶ月
1歳2ヶ月
1歳3ヶ月
1歳4ヶ月
1歳5ヶ月
1歳6ヶ月
1歳7ヶ月
1歳8ヶ月
1歳9ヶ月
1歳10ヶ月
1歳11ヶ月
2歳
新居
食いしんぼう
旅行
イベント
新型インフルエンザ
保育園
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧